スカイコート

記事一覧(145)

「D-color」プロジェクト第2弾

2020年1月13日のオーナー様向けスケート教室の開催後に、「D-colorプロジェクト」第2弾を取材陣へ発表しました。髙橋大輔選手とのコラボ企画「D-colorプロジェクト」の第2弾はリノベーションであり、スカイコートで新たに立ち上げたリノベーション専門部署『スカイクラフトラボ』と髙橋選手とのコラボレーションが実現します。 取材に臨んだ髙橋大輔選手は、第2弾について、「僕自身、物件を買い、フルリノベ―ションした経験がありますし、前回の時は、マンションの部屋を購入される方のその先々まで見据え、やりたいこととやらないほうがいいことのバランスを考えることが難しかった。今回はリノベーションということで、もっと自分のカラーを出せるのではないかと思いますし、気に入ったら買っていただけることからも、自分らしいカラーを出していけるのがすごく楽しみです」と思いを述べた。 2月から拠点をアメリカに移し、アイスダンスの練習を始める髙橋選手。さらなる両立については、「渡米したら時間はあると思うので、そこでいろいろ考えさせていただくことがリフレッシュになると思う。スカイクラフトラボとチームでやっていくので、やりとりしながらいろいろな方法でやっていくと思います」と話しました。

選手サポートスポンサーに!

スカイコートでは、1月13日のオーナー様向けスケート教室開催後に、髙橋大輔選手の記者会見を行いました。髙橋大輔選手のアイスダンスへの挑戦について、スカイコートが引き続き選手サポートを続けることを明言し、さらに髙橋選手とパートナーを組む、村元哉中選手の選手サポートもさせていただくことになりました。新たな二人の挑戦をできるだけサポートしていきたいと思います。そこで、村元選手も囲みに参加し、渡米後の練習のこと、二人で全日本選手権を目指し、できるだけ上を目指してやっていきたいことなどを語り、「私自身、ゼロからアイスダンスを始めるつもりで練習したい。オンリーワンというか、私たちにしかできない演技で、アイスダンス界に新しい風を吹かせられたら」と抱負を述べました。最後に、髙橋選手が「2020年は自分にとって挑戦の年。スケートとリノベーションという新たなチャレンジをすることにより、先のわからない恐怖や不安はあるけど、それを乗り越えたところにある楽しみや喜びのようなものを見つけられたらと思います。大変な年になると思いますが、あたたかく見守っていただけたら」と記者会見を締めくくりました。当社もお二人の挑戦を出来る限りサポートして参ります。D-colorと共に宜しくお願いいたします。